坐骨神経痛 原因 改善 予防 

坐骨神経痛  症状 原因 改善

 

坐骨神経とは

 

坐骨神経とは、腰椎から出て大殿筋(尻の筋肉)の下から大腿の後ろを通って膝の裏の上で前後に分かれている長く

 

て太くて大事な神経です。

 

そのため、坐骨神経に障害があると、もも、ふくらはぎ、足の裏と、痛みを感じるところが広くなるんです。広範囲になります。

 

 

坐骨神経痛

 

・坐骨神経通とは、坐骨神経が障害を受けて、尻から太ももまで痛くなり、人によってはふくらはぎ足まで痛くなります。

 

坐骨神経は,足腰がバランスよく動く役割があり、坐骨神経に異常があると、足腰の行動がうまくいかなくなります。

 

坐骨神経痛は坐骨が痛いという症状であって、病名ではありません。

 

 

その坐骨神経痛がどんな病気の症状かというと、腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症という2つの病名です。

 

 

腰椎椎間板ヘルニアとは

 

 

腰部脊柱管狭窄症とは