坐骨神経痛 原因 予防 椎間板ヘルニア

坐骨神経痛 原因

 

坐骨神経痛 原因 長時間 同じ姿勢

 

坐骨神経痛の原因に多いのは、デスクワークや立ち仕事などで同じ姿勢を長時間していたり、筋肉疲労でコリができ、そのコリが坐骨神経痛を起こす場合。

 

ぎっくり腰から坐骨神経痛を起こす場合があります。

 

運動選手で腰から足に痛みが起こる時にその痛みが移動する場合がありますが、これも坐骨神経痛で、早めの治療をすればひどくならないでしょう。

 

休むことも大事です。

 

 

 

 

挫骨神経痛 原因 椎間板ヘルニア

 

・坐骨神経痛の原因 椎間板ヘルニアの場合があります。

 

椎間板とは、背骨の椎体と椎体の間のクッションの役割をする軟骨でこの椎間板が出るのが椎間板ヘルニアです。

 

腰のところで、椎間板ヘルニアが出ると、坐骨神経痛になります。 坐骨神経痛になった人の原因でよく聞くのが、仕事などで中腰の姿勢を長い間続けたり、急に重い

 

ものを持ち上げてなどです。

 

 

坐骨神経痛 原因 腰部脊柱管狭窄症

 

・腰部脊柱管狭窄症が原因の坐骨神経痛とは、腰椎(ようつい)内部の神経の通路の脊柱管 が狭くなり、神経組織が圧迫されると、歩いている時足に痛みやしびれが

 

出て、休みながらでないと歩けなくなったり腰を後へ反らせなくなります。

 

私の叔母(70代)も腰部脊柱管狭窄症からきている坐骨神経痛で腰を痛め、先日手術をしました。そういえば、母も。50代過ぎた中高年にで、坐骨神経痛になっている方、多いですよね。

 

脊柱管が老化などが原因で狭くなり、神経根や馬尾と呼ばれる部分が圧迫され、下半身に痛みやしびれ、麻痺や間欠跛行(か

 

この症状が出るのは、立つと脊柱管が狭くなり神経を圧迫するためで、体が前かがみになると脊柱管がやや広くなり、神経圧迫しなくなり症状はなくなります。

 

スポンサードリンク

 

坐骨神経痛 原因 変形性腰椎症

 

・変形性腰椎症は、腰椎の形が変形したために神経を圧迫、腰の痛みや足がしびれます。

 

発病は加齢が多いのですが、運動などで腰に負担をかける、長時間の姿勢のためでも坐骨神経痛になります。

 

 

坐骨神経痛 原因 病気の場合

 

・坐骨神経痛は、病気にかかったためになることもあります。 挫骨神経痛とは症状の一つとなります。

 

・坐骨神経痛がどんな病気でおこるかというと、脊椎のガンによる圧迫、糖尿やリウマチ、動脈硬化、帯状疱疹、アルコール依存症などです。

 

坐骨神経痛の原因の病気がわかって治さないと病状が進み、命に関わる場合(時に癌)があるので、なかなか治らない坐骨神経痛の場合は病院で診てもらましょう。