坐骨神経痛  予防 ヨガ ストレッチ

坐骨神経痛 予防

 

坐骨神経痛 予防

 

坐骨神経痛 予防 自宅改善方法

 

・坐骨神経痛は予防が大事です。

 

うちでは、家族が坐骨神経痛でした。

 

夫は仕事で重いもの物を担ぐ、長時間の車の運転をしたりと、腰に悪影響を及ぼす坐骨神経痛になる要素たっぷりの仕事をしていました。

 

息子は部活で長距離走をしていて、腰に負担をかけて坐骨神経痛になりかけて、足腰に痛みが動く、つらい毎日でした。それぞれ忙しく、お医者さんにもなかなか行けませんでした。

 

時間のあるときに夫は鍼に、息子は整骨院でマッサージや電気治療をして、いつもは自宅で坐骨神経津を改善をしてました。坐骨神経痛は予防をすれば、ひどくならないと思います。

 

 

 

 

自宅 坐骨神経痛の改善(足腰負担原因の場合)

 

・坐骨神経痛を治そうと考えるならばまず、坐骨神経痛になった原因を理解しましょう。

 

・うちの家族の場合は、足腰に負担がかかっていたために坐骨神経痛になりました。 足腰負担のために坐骨神経痛になった人は下記を参考にしてくださいね。

 

1、お風呂で坐骨神経痛改善

 

まず、お風呂で身体を温めて、血流をよくします。

 

そして、痛い部分に坐骨神経痛などに効く貼薬や塗り薬を塗りましょう。

 

2、ストレッチで坐骨神経痛

 

朝、起きた時、腰のためのストレッチをしてからゆっくり起き上がりましょう。

 

3、お灸

 

坐骨神経痛までもいかないけれど夫と息子の腰に痛みがきて、痛い部分にお灸をするといいというので、お灸をしました。

 

「せんねん灸」の1番強いのを買ってきて、息子や夫の指で腰などの痛い部分を触れながら調べて、せんねん灸のシールをはがして火をつけてから、痛みの部分に貼ります。これがなかなか難しいけれど、うまくいったときは痛みが少しとれた

 

ようです。

 

4、坐骨神経痛の酷い時は休もう

 

休みをとるのは難しいとは思いますが、坐骨神経痛の痛みがあるときは、痛みの起こりそうな重いものを担ぐや走ることは休みましょう。

 

我が家の夫、息子は休むことが出来なくて,悪化してから仕方なく重いものを担ぐ仕事や長距離走を休みました。

 

今は、夫の場合、仕事で重いものを担ぐ機会が減って腰が治り、息子も学校を卒業して長距離走を毎日しなくなったので、腰は痛くなくなりました。

 

自宅 坐骨神経痛予防 ヨガ

 

・坐骨神経痛は原因が骨盤矯正すれば良いものもあります。

 

その骨盤矯正は整骨院等で治せますが、その状態を維持しないと、また坐骨神経痛の痛みがきます。坐骨神経痛の痛みを遠ざけるには骨盤矯正を続けることが必要です。

 

・「骨盤矯正」するにはうちではストレッチを行ないましたが、坐骨神経痛に有効なものの1つにヨガがあります。ヨガは坐骨神経痛の治療と予防に向いたトレーニングに良いです。

 

・女性に人気のヨガは、トレーニングすると骨盤のゆがみ予防になっていて、ヨガを始めたら、体調が良くなったという話を聞きます。ヨガは、体のバランスを正常にして、心身ともに健全になることが目的です。

 

ゆったりとした動きと、静かな雰囲気の中で行なうヨガは精神的にも落ち着き、それが坐骨神経痛にも良い影響を与えます。骨盤のゆがみがなくなれば、足腰に不自然な圧力がかからなくなり、坐骨神経痛改善していきます。

 

坐骨神経痛を改善するためのヨガは、ヨガ教室に通うのが1番よいのですが、家でもできるDVDなど買って、みながらヨガをやると良いでしょう。

 

自宅 坐骨神経痛予防 バランスボール

・バランスボールは大きな風船のようなトレーニング器具を使ったインナーマッスルを鍛えるエクササイズです。坐骨神経痛にならないために、インナーマッスルを鍛えて骨盤がゆがむのを防ぎましょう。

 

 1、仕事等に関係したこと ・長時間同じ姿勢をとらない。・激しい運動はさける・なるべく重いものをもたないは、学生なら部活でやらなくてはならない事、社会人なら生活の糧でやらなければ生活できません。

 

自分で坐骨神経痛になりそうだと判断できたら、激しい運動はセーブする, 安静にする。よう心がけましょう。

 

2、坐骨神経痛にならないように生活の中でやっていかなければならない事は腰周辺の筋力をつける,

 

肥満している場合は減量。これは、大事なことです