坐骨神経痛 原因 予防 椎間板ヘルニア

坐骨神経痛  ストレッチ

 

坐骨神経痛 ストレッチ

 

うちの家族は重たいものを取り扱う仕事なので、何度か坐骨神経痛になりました。

 

知人に坐骨神経痛は、朝、起きたときなどにストレッチをすれば、坐骨神経痛の予防になると教えられました。

 

簡単なストレッチで坐骨神経痛の予防になるので、ぜひ、続けましょう。

 

 

 

 

坐骨神経痛 貼り薬

 

仕事で、重いものを移動したり長期運転、運動で腰に負担がきて坐骨神経痛の痛みが出たら、まず、作業を休んで、肩こり・腰痛・筋肉痛の貼り薬、塗り薬をつけ

 

ましょう。

 

・貼り薬、塗り薬は冷感タイプと温感タイプがあります。

 

・温感タイプは薬の主成分は冷感タイプとそれほど違いませんが、刺激剤として温かくなる唐辛子エキスやノニル酸ワニリルアミドが入っているので、慢性の肩こり・腰痛

 

で悩んでいる人にオススメです。

 

・ 冷感タイプは、消炎・鎮痛剤、血行促進剤、メントールなどの冷感刺激剤が入ってます。

 

・薬屋さんで手軽に手に入る塗り薬は、毛の生えている部分にも塗ってはがす時に痛いようなことはありませんし、、マッサージ効果もあります。塗り薬は皮膚から吸収

 

されて体内に入って効き、即効性があります。

 

けれど、坐骨神経痛になりそうなくらいな微妙な時だったら良いのですが、痛くなったらやはり整形外科、あるいは以前坐骨神経痛で治った場合整骨院、カイロプラク

 

ティック、鍼灸、整体などで痛みを止めましょう。

 

・知り合いの長距離陸上選は長距離走った後、足を冷やします。

 

お風呂で熱いお風呂に入るのと、冷たい水で冷やすのを交互にしたり、冷感塗り薬をつけて坐骨神経痛の予防をしてました。

 

坐骨神経痛 クッション

 

坐骨神経痛の痛みを軽くしたり予防のためには、正しい姿勢をとらないと、腰の周りの筋肉がこって血流が悪くなり、坐骨神経痛の原因となります。

 

正しい姿勢んするために坐骨神経痛対策クッションをすると良いですよ。

 

また、長時間の自動車の運転のためには、背中とシートの間にクッションを挟むと、理想的な背骨のカーブを保って、腰や背中の筋肉の疲労を軽くする効果があります。

 

うちの家族も知り合いに坐骨神経痛の痛みを軽くする自動車シートを借りて助かりましたので、坐骨神経痛の疑いのある方はクッションを使ってみてくださいね。