坐骨神経痛 症状 チェック

坐骨神経痛 症状 チェック

座骨神経痛  症状  チェック

 

坐骨神経、腰、お尻、太ももや足などに、重い感じ、じーんとする、しびれ、痛いなど様々な症状が起こる場合があります。

 

うちの息子が中学生になって、陸上部に入って、急に厳しい運動を初めたためか腰が重い感じになったのですが、これが単なる筋肉痛か、それともこれがあの坐骨神

 

経痛 症状かチェックしたほうが良いかと感じたことがあります。

 

 

 

筋肉痛と坐骨神経痛の違い

 

1、筋肉痛と坐骨神経痛、痛みの場所

 

筋肉痛はここ 一点が痛くて、坐骨神経痛はライン状で痛い。

 

例外もありますが、筋肉の痛みは、痛いところが1か所の部分的です。

 

坐骨神経痛の痛み、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症などの病名の痛みの場合は、、神経のライン状に痛む事が多いのです。

 

 

 

2 安静時 痛みがあるか 

 

筋肉痛の場合、特別な場合 たとえば ぎっくり腰などの強い炎症以外、寝ている時やすわっているだけの時に痛みを感じる事は少なく、動いて筋肉を使っているときだけに痛いのです。

 

坐骨神経痛の場合は、なにもしていない安静時でも痛みを感じます。

 

3 長い期間、痛いかどうか

 

筋肉痛の場合、きつい運動をやめれば、痛みを感じなくなりますが、何週間も何ヶ月も痛み続ける事は普通ではありません。

 

長い間の痛みの場合、筋肉痛よりも、関節組織を損傷しているか、坐骨神経痛かもしれませんので、お医者さんに見ていただいた方がよいでしょう。